このブログは、40才を過ぎた妻子あるオヤジが、無謀にもこの歳からWebデザイナーを目指し独学でWebを学習する奮闘記、そしてここまで歩んできた備忘録です。ウェブのウの字も知らないド素人が手探り状態で始めたのが2010年11月のこと。果たして挫折はいつ訪れるのか・・・

いやぁ〜初めて完成したホームページを公開した時は、それはもうドキドキ&感動でした。
今でも昨日のことのように覚えています。

わたしが初めて公開目的で作ったHPは、まずは手っ取り早く自身の仕事のサイトでした。
それまでも練習として本などを駆使して作ったHPはありましたが、実際に公開目的でっていうのはこれが初。

でも、さぁーとりあえずは完成したから「はい公開!」
って簡単にはいかず、ここでまた様々な超えなくてはいけないカベが目の前に立ちふさがるんですよね。

まずはレンタルサーバー選び。

ホームページを公開するためのスペース(場所)をレンタルで提供してくれるサーバー業者選びです。
これには当然レンタル料がかかりますが、もちろんそれなりのメリットがあります。
あなたが今、自分のPCからこれを観覧しているということは、プロバイダと契約しているということだと思います。
そのプロバイダにもホームページ公開のためのサーバーサービスはあるかもしれません。しかも無料で。
ですが、プロバイダーとは本来インターネットの接続業者なので、その自由度が非常に制限されてしまいます。
たとえばですが
・独自ドメインが使えない
なので
・自由なアドレスにできない
・ホームページのアドレスにそのプロバイダ名が入ってしまう
・結果、長いアドレスとなる
ほかにも
・容量が非常に少ない
・CGIなどのプログラムが使えないなど、プロバイダーによって使用の制限がある
などなど

そこで、レンタルとしてサーバーのスペースを提供してくれる業者があるわけです。
当然専門業者なので、そのための企業努力としての様々なメリットがあります。
単純に先に述べたプロバイダのサーバーサービスのデメリットの裏返しがそのままメリットとなりますし、ほかにもオリジナルのメールアドレスが持てたりもします。
そして、サーバーは24時間年中無休で稼動しているので、時にはウイルスやハッカーなど様々な障害が付きまといます。それを守ってくれているんですね。

唯一のデメリットは、レンタル料がかかるという点でしょうか・・・

ですが、例えばわたしが始めにレンタルした

ロリポップ!

なんて、月額105円からレンタルできます。
これなら小遣いからでもそんなに負担はないと思います。
メリットを考えたらコストパフォーマンスは十分ではないでしょうか。

他にもいろいろなレンタルサーバー業者があり、その業者によってその特徴も様々です。

では、レンタルサーバーを決めたら、次にその最大のメリットである独自ドメインを取得しましょう。(順序はどちらが先でも構いません)

つづく

Comments (0)