このブログは、40才を過ぎた妻子あるオヤジが、無謀にもこの歳からWebデザイナーを目指し独学でWebを学習する奮闘記、そしてここまで歩んできた備忘録です。ウェブのウの字も知らないド素人が手探り状態で始めたのが2010年11月のこと。果たして挫折はいつ訪れるのか・・・

レンタルサーバーを借りると決めたら、次は

「独自ドメインを取得しましょう!」

まず、ドメインとは簡単にいうとネットの世界での住所みたいなものです。

例えばYahooの場合、アドレスは http://www.yahoo.co.jp で、この場合 yahoo.co.jp がドメインとなります。
このドメインを独自のもの、自分だけのオリジナルなドメインにしよう。ということです。

 

この独自ドメインを取得することによるメリットはというと・・・

・好きなアドレスが使える。

・アドレスが短くなり、わかりやすく覚えやすいものになる。

・独自ドメインを取得すればサーバーを変えても、そのアドレスは変えずに済む。

・SEO対策に良い。

・1つのドメインでサブドメインを複数作ることができる。

・メールアドレスもその独自ドメインをつかったオリジナルメールアドレスにできる。

・そして、なんといってもアドレスがカッコイイ!これ重要。

そして、そんな独自ドメインを1度取得してしまえば、この世界に2つと同じドメインは存在しないので、更新し続ける限りあなただけのドメインとなり続けます。

っということは・・・

そうです。このドメインというのは「早いもの勝ち」ということになります。
いくら自分で気に入ったドメインがあっても、既に他の誰かが取得してたとしたら、その誰かがそのドメインを手放さないかぎりあなたのものにはなりません。

 

ってことで、急ぎましょう!

 

yahoo.co.jp

このドメインの場合の「.jp」。この部分をトップレベルドメインといいます。
まずはこのトップレベルドメインを選びます。

よく知られている「.com」「.net」「.info」などがそうです。
これらは世界中誰でも取得出来るドメインです。

次に、「.jp」「.us」などの原則としてその国の在籍によって取得出来るドメイン。

そしてyahoo.co.jpのように「.jp」の前に「co」「ne」などの組織や団体を意味する文字が付くドメイン。
これは個人では取得できません。

yahooの部分は決まり事さえ守っていれば原則自由です。

ただし、独自ドメインを取得するにはやっぱりタダってわけにはいかないんですよね。
取得するには取得費用、更新するには更新費用が必要となってきます。

このトップレベルドメインにどれを選ぶか?

また、独自ドメインを取得する代行業者によってもその取得金額が変わってきます。

安いトップレベルドメインでは年間¥580から取得出来ます。
ちなみにわたしは

ムームードメイン

で、取得しました。

ここのトップページでは、取得したい独自ドメインがすでに使われていないかどうかの検索とその値段が一発でわかります。

さぁー、お気に入りのドメインを取得できたら、その独自ドメインをレンタルサーバーに設定して、あなたのサイトをあなただけのオリジナルのアドレスで公開しちゃいましょう!

Comments (0)